税務調査対策③『脱税者への合法的アドバイス』

2020/01/16
七里です。

税務調査対策その3、シリーズ最終回です。

「売り上げを隠す方法」を紹介します。

もちろん、
合法的なやり方です。

どういうことかというと、

「売り上げ隠し」「売り上げ流し」は別物なんです。

また、
・税理士の選び方
脱税してしまった人へのアドバイスもお伝えしようと思います。

くわしくはあとがきで・・・

七里の厳選無料情報コーナー

七里おすすめレストラン
丁寧に作られたフレンチ

エクアトゥール

ジャンル:フレンチ
予算:5万円
住所:東京都港区元麻布3-6-34 カーム元麻布 2F



麻布十番にあるフレンチレストラン。シェフの旦那様とソムリエの奥様のお店です。

お料理は丁寧に作られたフレンチの王道で美味しく、ワインも素晴らしい。

私にとって、最も好きなワインが味わえるお店の一つです。

ワイン好きな方は、ぜひペアリングで美味しいワインとお食事を召し上がってください。

夏は、「夏零」という店名に変わって中華メニューを出すという変わった趣向も。
『七里おすすめレストラン』
東京で一番遊びを知っている私が、至高のグルメをご紹介。

七里おすすめ名著
孫子は現代にも通じる

「孫子の兵法」のことがマンガで3時間でマスターできる本

「兵法」中国が生みだした最高最強の兵書といわれている『孫子の兵法』。

本書は2500年もの間世界中でリーダーを魅了してきた指導書を、現代の経営におきかえて、わかりやすくマンガをそえて解説しています。


著者:田中豊、安恒理
出版社:明日香出版社
『七里おすすめ名著』
ビジネスや人間関係、人生に役立つ名著を紹介。

七里信一の『絶滅危惧 職種図鑑』
マッサージ器が劇的な進化

マッサージ師

マッサージ師には、「あん摩マッサージ指圧師」という正式名称があり、国家資格に認定されています。

マッサージ業をすることが認められているのは、「あん摩マッサージ指圧師」または「医者」のみとなっています。


なぜ今後、【マッサージ師】が絶滅するのか?

理由については以下より確認できます!

 

七里の『良い広告で学ぼう』
手書き文字が写真とマッチ

「新潟米」…70点

70点!! 
  
この広告は、写真力がすごいです。
  
新潟米が美味しいというイメージ広告としては、よくできています。
  
手書きの文字と写真とのマッチもいいです。
七里の『良い広告で学ぼう』
世の中の広告を100点満点で採点・解説。

あとがき

 
「売り上げ隠し」「売り上げ流し」は別物です。

売上隠しは犯罪ですが、
売上流しは合法です。


例えば、法人をいくつか持っていたとしますよね。

一つが飲食店などの飲食業、もう一つが服屋さんのアパレル業など、違う形態のお店。

そうなったときに、
飲食業では経費で落とせないけど、アパレル業なら経費で落とせるな」というパターンがあるんです。

だから、複数の業態の会社を持って、
「この領収書はこっちの会社」
「この領収書はあっちの会社」などうまくやっていくのはありです。

売り上げを流すことによって、
経費性を使えるようになり、結果節税することができるのです。


これがもし、全く営んでいない業態や、嘘の項目になると、
「売上隠し」になり脱税になってしまいます。


あと
税理士の選び方もとても重要です。

たまにいるんですけど
「これは絶対経費で落とせない」とか
「これはダメです」とか、
かた―い税理士がいらっしゃいます。

税理士の中でも

・税務署の味方の税理士
経営者の味方の税理士
という2つのパターンがあるんです。



税務署の味方
の税理士は、本当に使わない方がいいです。

なんでもかんでもガッチガチにやるところっていうのは、
税務調査が入ったときに自分がラクしたいから。

何のための税理士かというと、税理士は税務署と戦ってもらうためのものです。


複雑な税法をきちんと理解してもらったりとかももちろん重要なんですけど、やっぱり税務署の味方のような税理士は使わないほうがいいです。

税理士は、セカンドオピニオンじゃないですけど、いろんなところをどんどん使った方がいいと思います。


そして最後に・・・

これを読んでいる人の中に

「もう脱税しちゃった・・・」という人も、もしかしたらいるかもしれません。

いくつか方法はあります。


まずは、可能だったら
少しでも早く修正申告をしたほうがいいと思います。

正しい税法にのっとって税金を払う。当たり前ですが、それが一番良いです。


でも

「お金がなくってどうしようもないよ~」
「税金も払えないよ~」
という人がいらっしゃったとしたら・・・。

ビジネスを辞めるっていうのがいいのかもしれません。

会社自体を畳んでしまって7年間大人しくする。


大体、税務調査は3年に1回来るとされていますが、
まだ1回も来たことがないのなら遅くても5年以内には来ます。

どんなにひっくるめても7年以内には来るので、
今やっている会社はとりあえず畳んで、新しい会社を立ち上げて、古い方に来ないことを祈るだけです。


日本でビジネスをするとしたら、税務調査は必ず来るものです。

だから、できるだけしっかりと経理をして、税金を収めることをお勧めします。



私は自慢じゃないですけど、税務調査0です。

とか言っていたら、税務調査が来て痛い目にあったりするのかもしれません・・・(笑)


自分でも、比較的うまく経理をやっている方だと思うので、いろいろとお伝えできることはあります。

実際、セミナーを開いたり、ビジネスコンサルをしていますので、
そういう場で聞いて頂ければ、もっと詳しくアドバイスをしてあげることができます。


では、税務調査対策は以上です。

次回からはまた違う話をするので、楽しみにしていてください。

コメントお待ちしています!

動画版

本日の内容について、動画でも話しました。

『動画でしか伝わらないリアリティ』や、
『文章では削除されてしまった部分』も、そのまま入っています。

ぜひ聴いてみてください!

 感想お待ちしています!

最新の記事