平日毎日斬新な情報お送りします!
開発者
七里信一
日刊ブログ

現場任せNG!リーダーが現場に立つべき理由

2021/11/19
テスト

バカが決定権を持つと最悪

里です。

今、新事務所の内装工事が
着々と進んでいます。


わたし自身が内装屋だったこともあり、
現場はとても楽しいです。

毎日わたしも現場に顏を出しているのですが
そこで改めて感じたことがあります。


それは、決定権の重要性です。

こんなことをいうと
またお叱りの言葉がきそうですが

バカが決定権を持つと、最悪ですね!

今日は決定権の重要性について
お話したいと思います。


まず、本題に入る前に
お伝えしたいことがあります。

わたしはビジネスに役立つ話や、
あなたの成長に貢献できるような
情報を発信しています。

そこで気づいた良い点・悪い点について
あなたなりに感じたことを
必ずコメントしていただきたいです。

インプットした情報は、
アウトプットをすることによって、
得た知識が経験となり結果に繋がります。

また、コメントを書くことを前提に
読んでいただくことによって、
情報収集の効率が上がります。

ぜひ、意識してみてください。

 

七里の厳選無料情報コーナー

七里おすすめレストラン
一本一本焼き上げるこだわりの味

やきとり 心香

ジャンル:焼鳥
予算:2万円
住所:東京都 港区 西麻布 1-4-4 1F


西麻布の住宅街にぽつんとある、焼き鳥のお店。     

大将自ら材料を仕入れ、心を込めて一本一本焼き上げるこだわりの味をいただけます。
         
良い感じのワインも揃っていて、焼き鳥と合わせて楽しめます。     

大将が気さくな方で、しかもお値段がすごくリーズナブルなのが驚き。 

予約がかなり取りづらいのですが、ぜひ一度は訪れていただきたいお店です。 
        
『七里おすすめレストラン』
東京で一番遊びを知っている私が、至高のグルメをご紹介。

七里おすすめ名著
情報発信の必須ルール

「分かりやすい表現」の技術

マニュアルはなぜ分かりにくいのか?

右か左か迷わせる交通標識。庶民には理解不能な法律条文。初心者にはチンプンカンプンのマニュアル。

世の中にあふれる「分かりにくい表現」の犯人をつきとめ、すっと分かってもらえる「情報発信のルール」を考える!

著者:藤沢 晃治
出版社:講談社
『七里おすすめ名著』
ビジネスや人間関係、人生に役立つ名著を紹介。

七里の『絶滅危惧職種図鑑』
自動車を家で充電

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドとは、車を運転するために必要なガソリンや軽油を給油するための施設です。

ガソリンスタンドのない地域があると、その地域を通る車がガソリン切れを起こす可能性があります。

インフラ整備のためにも、あらゆる地域に必要な施設です。


なぜ今後、【ガソリンスタンド】が絶滅するのか?

理由については以下より確認できます!
最初の計画では、
内装などすべて誰かに依頼しようと
考えていたのですが、
高いなと感じたのでやめました。

もともとわたしが内装屋をしていたので、
建築や内装の知識はあります。

そのため、それらの知識を活かして
分離発注をし、安く仕上げる方向に
切り替えました。

そこで感じたのですが・・・


現場監督と施主は一緒がいい

現場管理責任者と、
テナントを借りている施主さん、
工事を発注する施主さんがすべて一緒なので
とてもラッキーだなと思いました。

これがもし、外注をした上で
わたしが現場管理をしていたら、
管理人さんや警備員さんに、
いろいろ注意されます。

「車はここに止めないでください」
「うるさくしたらダメですよ~」


というように、怒られていたはずです。

しかし、お金を払っている最高責任者で
決定権のある人が現場管理の場合。

ビルの管理会社や不動産、
周囲の住人さんたちから、

一切文句を言われません。

わたしのコミュニケーション能力が
高いからうまくやっているという
こともあり、現場はとてもスムーズです。

しかも無駄な時間や経費がかからないので、
とてもいいな~と思っています。


完成度100%はお金がかかる

決定権があるわたしは、
つねに現場にいるようにしています。

しかし、いくら自分たちでやるとはいえ
完成度100%のものをつくろうとすると、
とてもお金がかかります。


そこで、少しでもコストを浮かせるために
工夫をして経費を大幅に削減しました。

例えば本来、天井に傷があったら
修復しないといけません。

しかし100%を求めなければ
その作業を省いたりなど、
少しいい加減につくることができます(笑)

それによって今回ですが、
一番最初の見積もりで3,500万円
だったところがなんと・・・

現在2,000万円まで落ちました。

1,500万円節約できたということです

年収1億円のわたしの月給は900万円なので
1ヵ月まるまる仕事したと考えると
やや費用対効果が微妙ですが(笑)

無駄なお金はかかっていないので、
とても満足しています。


将来的に楽ができる

「事務所を借りる」ということは、
「いつかは返す」ということです。

返す際には原状回復工事があるので、
今からその時のことを考えて、
つくっています。


外注した場合、
そんなことは考えてもらえません


ですから、出ていく時に
大変な思いをすることが多いです。

壊してはいけないものを壊されていたり、
触れてはいけないところを
いじっていたりするので、
のちのち非常に大変なことになります。

しかしわたしは、原状回復工事のことを
考えてつくることが可能
なので、
将来的にとても楽ができます。

金額にして、おそらく100万円から
200万円ほどは浮いているはずです。


人は都合のよい考えをする

過去の経験で何十年も前から
わかっていたことですが・・・

職人さんや現場で仕事している人たち
というのは、自分たちにとって
都合のいいように考えます。


見ていて「え!そこそうする!?」
という場面がちょこちょこあるので、

現場を管理することはとても重要
だと感じました。

決定権のある人間がずっと現場を
管理し続けることが必要
なのだと
改めて感じました。


一番最悪なことは・・・

何より、現場で一番最悪なのは、

バカが決定権をもつことです。

今回はわたしが決定権をもっていますが、
決してバカではないと自負しています。

決定権のある人が
きちんと現場で指示をしてよりスムーズに
施工を進めていくことが最も大切です。


能力のない人間が決定権を握ると、
「大塚家具」のようなとんでもないことに
なってしまうのではないかな~と思います。

今日は決定権の重要性について
お話させていただきました。
いかがだったでしょうか?


決定権のある人が現場に立ち、
きちんと指示をして全体を管理する


これを実行することで効率も費用対効果も
上げることができます。

もし、あなたが仕事で、現場を
任されていたり、プロジェクトの
リーダーを務めていたりするのでしたら、
ぜひ今日の話を参考にしてみてください。

このようなことを意識して
行動することで、より大きな結果を
得ることができるのではないかな~と
思います。
〜バイオリン教室について〜

募集の際はメルマガにてお声かけしますので
今しばらくお待ちください!

 コメントは以下からどうぞ 

 
※すべてのコメントは、
 いつも楽しく見させていただいてます。
 ありがとうございます。
 ネガティブコメントも、すごく勉強になってます。
 返信はあまりしてませんが、
 どんどんコメントください。
 よろしくお願いします。