平日毎日斬新な情報お送りします!
開発者
七里信一
日刊ブログ

今すぐ使えるアウトプット術

2020/11/05

本日の動画 
成長するためのアウトプット

今回は、
「成長するためのアウトプット術」
についてお話しします。

あなたは本を読む時どんな本を
どんな方法で読んでいますか?


本はただ読んでいても意味がありません。

本を読む時に重要なのは・・・

詳しくは以下をチェックしてください。

私も歳なのか、
最近は21時に寝てしまうことがあります。

21時に寝ると夜中の2時には
目が覚めてしまいます。

2時に起きると
適当にティックトックをみたり
スマホをいじってから
再び、朝6時頃に寝る。

そうすると翌朝非常につらく
結構困っています。

そこで、2時に起きても
やることがないので久しぶりに
ビジネス書を読み始めました。


そこで改めて思いましたが
やっぱり本は読みましょう。


読む本はビジネス本や
ハウツー本などがいいと思います。


小説もいいのですが、
自分の勉強になるような本を
読むべきだと思います。


しかし、
ただ読んでいても意味がないので
本を読むときに重要なのが、


「きちんとメモを取る」

ということです。

※動画では、私が実際に読んだ
「愛させる技術」という本を例に
メモの取り方を紹介しています。

動画を見ていただければ
実践方法が分かりやすいので
ぜひ見てみてくださいね!



まず、本を読む時は必ず
付箋を入れてください。


そうすると付箋に書いた一文で、
そのページの内容がすぐに分かるので
本に付箋を入れて読むということは
とても効果的だと思います。

付箋があることによって
後で見返す際も

「このページにはこんな項目があったなぁ」

とすぐに見つけることができます。

要は、自分なりの
目次を作るようなイメージ
ですね。


本を読んで、付箋を入れる。

これっていうのは
アウトプットなんですよ。


アウトプットとは、
「読んだ情報を元に新しい情報をだす」
ということです。


私もこれを久しぶりにやって、
すごい勉強になると感じました。


他にも例を挙げると、
映像にあるパワーポイントの文字は
「Evernote」というものを使っています。


Evernote最強です。
すごく便利です。


実を言うと、
映像にあるスライドの文字は全部
パッと思いついた時にメモ
しています。


だいたいはタイトルと
要点を1つ2つくらいメモしておいて
残りはあとで付け足す感じです。

このように、
何か思いついたときに
どんどんEvernoteにメモする
ということを実践してください。

人というのは、インプットだけでなく、
アウトプットをすることによって、
より大きな結果をだす
ことができます。


10数年くらい前に「広告学校」という
電通とか、博報堂がやっていた

「CMの作り方の学校」
みたいなところに
通っていたことがあります。

週2回で、
1回3時間くらいだったと思います。

私はその時すでに、
メルマガを発行していたので、


その日のセミナーの内容を、
その日の夜にメルマガで話す
ということをしました。


例えば、
コピーライティングについて学んだら
その日の夜にメルマガに書いて配信する。

これを週2回おこないました。


それで良かったのが、
最初から情報をアウトプットすることを
前提にセミナーを受けると、
より重要ところに気が付きます


これを相手に教えてあげよう、
これを説明しようというように、


アウトプットすることを意識して
セミナーを受けることによって
一気に理解力が上がりました。


これは本当に良かったですね。

半年間くらい続けたので、
私のメルマガ力が上がったと思います。


こうして常に
誰かに説明してあげるということを
意識してやっていくことによって、
あなた自身が成長していきます。

本を読んで、メモを取って、
世の中で何か情報を見つけたら
それを誰かに教えてあげる。


アウトプットをするために、
Evernoteにどんどんメモをしていく。

これをサイクルすることによって、
徐々に徐々に成長して、


あなたの年収や、
人生がガラっと変わっていきます。



結局、人はコツコツとした
アウトプットによって成長し、
人生が変わっていくのだと
私は考えています。

このコメントを書くというのも、
アウトプットなんですよ。

ぜひ、私の映像やブログを読んだ後は
その場でアウトプットをしてください。


インプットだけでなくて、
アウトプットをすることによって、
人生が変わっていくということを
意識していただければなあと思います。
※全てのコメントは、
 いつも楽しく見させていただいてます。
 ありがとうございます。
 ネガティブコメントも、すごく勉強になってます。
 返信はあまりしてませんが、
 どんどんコメントください。
 よろしくお願いします。
最新の記事