平日毎日斬新な情報お送りします!
開発者
七里信一
日刊ブログ

着物は素晴らしい日本の伝統文化

2020/10/02

本日の動画 
プラスメリットの多い衣装

今回は、
日本の伝統文化である着物
について話していきます。


着物ってやっぱり素晴らしいですよね!

私も何着か持っていて、
年に40~50回ほど着ています。

私自身、着物を着ていて、
プラスメリットを感じることが
とても多いです。

そんな、着物の魅力について
お話していこうと思います。


詳しくは以下をチェックしてください。

着物って素晴らしいですよね。

私は、デヴィ夫人と世界中を飛び回って、
パーティーだったり、
社交場に出ささせていただいているので

タキシードや、おしゃれなスーツなど、
めちゃくちゃ洋服を持っています。


1着100万円ぐらいする洋服なんか
ザラにあるので、

たぶん洋服だけで、家が建つくらい
いっぱい持っています。笑

 
渋谷のセルリアンタワー能楽堂にて、
デヴィ夫人の珍しい着物姿と一緒に

 
能楽師 歌若先生、大蔵先生とデヴィ夫人、と一緒に
 
予約が取れないお店、京都の未在にて、
 
高田馬場の茶道会館、初釜にて
 

でも、最近気づいたのですが、
やっぱり着物っていいなと思いました。

まず、めちゃくちゃ目立ちます。

私自身も着物を持っていますが、
単衣と袷で、冬用が2枚と、
夏用が1枚あります。

来年、夏用をもう1枚購入して、
2着ずつにしようと考えています。


女性と男性で少し変わりますが、

私は、女性も頑張って着物を
着てほしいと思う反面、
そもそも女性の場合は、着付けが大変なので
やめたほうがいいのかな?
とも思うんですけど、

やっぱり、年配の方とお会いするときに

着物を着ていくと、すごく好まれます。

なので、男性の方は特に、
ぜひ、着物を手に入れていただきたいです。


着物は、どんなに頑張っても30万円、
40万円くらいはするので
けっこう高いと感じる方も
いると思いますが、

中古でうまく合わせても
やっぱりダサいので、
きちんと着物を誂えることを考えたら、

まあ最低でも、
20万円から30万円くらい
欲しいかなあ、と思います。

でも、一生使えるものでもあるので、
ぜひ、着物を着るということを
イメージしていただきたいですね。

私の場合は、
着物を着て京都へ行ったり、
和食を食べに行ったり、
歌舞伎を見に行ったり、
お茶会に参加したりなど、

要は、日本文化に触れるときに
着物を着て行きます。

やはり日本人だったら、
これをやるべきなんじゃないかなあ、
と思います。


でも、お金もかかるし、
慣れるのに少し時間がかかりますね。

私は、現時点で、
1年を通して40、50回くらい着ていますが、
着ることによって、帯も慣れてくるので、
今は、だいたい10分くらいで
着れるようになりました。

私自身、着物を着ていくことで、
目上の方だけでなく、

様々な方と仲良くなれたりすることがあり、
すごく良い思いをたくさん経験した
ので、

良かったらぜひ、男性諸君は
着物を手に入れていただきたいと思います。


で、着物ですが、
基本的にいくつか種類があります。


ざっくり言うと着物は、
襦袢、着物、羽織、っていう
3枚仕立てなんですよね、
ようは、シャツ、スーツ、コートって
いう感じなんですけど、
まず、それをきちんと手に入れます。

以前、羽織というものがわからなくて、
着物だけで歩いていたら、

「それ、着流しといって、やくざの格好だから。羽織は絶対着ましょう。」

と、言われたことがありました。


今回ですが、
着物をつくってみたいな
っていう方がいましたら、
ぜひ、コメントをください!

私がちょっとうまくやって、
頑張れば20万円くらい
作れなくもないと思います。

また、着物生地でシャツを仕立てたりなど、
いろいろなことができるので、

もし興味がある方は、

着物に興味あるよ~、
買いたいたいよ~
って
コメントに書いていただければ、

着物の展示会じゃないですけど、
うちのセミナールームを使って
私が作っているところを紹介します。

1円も儲けようとは思っていませんので
売り込みとかそんなつもりは全然ないです笑


ただ、男性が着物を着るという文化を、
残したい
し、
私自身が着物を着たことによって、

プラスのメリットを感じているので、

もしよければ、正統派の、
お茶会で使うような着物から
ちょっと遊び心のある着物など、

着物つくりたい!って方がいましたら
コメントを書いていただきたいと思います。

個別連絡用のフォームを作成いたしました。
回答お願いします!

>>着物に興味がある


着物を持っている方も、
こういう良いことがあった」など
教えていただければ、

コメント欄が華やかになると思うので、
ぜひコメントを書いてください。

コメントは全部目を通しています
 すべてのコメントに返信を返せる
 保証はできないので、
 あらかじめ、ご了承ください。

コメント大歓迎

最新の記事