平日毎日斬新な情報お送りします!
開発者
七里信一
日刊ブログ

電話でイライラされる人、この能力が欠けてます。

2021/07/12
テスト

本日のインプット動画

里です。

質問力という言葉をご存知でしょうか?

質問力は仕事やプライベートなどの
日常生活において非常に重要なスキルです。

いい質問をすることで
簡潔に欲しい情報を得ることができたり
円滑なコミュニケーションを
とることができます。

また、結果をだす人や成功者ほど、
質問力が高いといわれています。


先日、それをしみじみ感じた
出来事がありました。

事務所の移転に伴い、わたしが消防署に
電話をかけた時のことなのですが・・・


まず、本題に入る前に
お伝えしたいことがあります。

わたしはビジネスに役立つ話や、
あなたの成長に貢献できるような
情報を発信しています。

そこで気づいた良い点・悪い点について
あなたなりに感じたことを
必ずコメントしていただきたいです。

インプットした情報は、
アウトプットをすることによって、
得た知識が経験となり結果に繋がります。

また、コメントを書くことを前提に
読んでいただくことによって、
情報収集の効率が上がります。

ぜひ、意識してみてください。

 

七里の厳選無料情報コーナー

七里おすすめレストラン
シェフが気さくな方

Ode(オード)

ジャンル:フレンチ
予算:2万円
住所:東京都渋谷区広尾5-1-32 ST広尾 2F



広尾の明治通り沿いにある、半オープンキッチンのお店です。外国人の客が多い印象。

シェフが気さくな方で、料理説明をしっかりしてくださるので、楽しくお食事ができます。

面白い料理も出てきますし、ワインも素晴らしい。

その割に値段もそれほど高くですし、予約も比較的取りやすいと思いますので、フレンチ初心者の方にもおすすめのお店です。
『七里おすすめレストラン』
東京で一番遊びを知っている私が、至高のグルメをご紹介。

七里おすすめ名著
思春期の子育ての特効薬

思春期の子に、本当に手を焼いたときの処方箋33
思春期の子供の扱いに本当に困ったときの、特効薬のような本です。
 
子どもの言葉が荒くなった。暴力をふるわれた。口をきいてくれないので何を考えているのかわからない……。
 
だれにでもできて、どんな子にもすぐによく効く10~22歳、思春期の子育ての処方箋を伝授。
  
著者:土井高徳
出版社:小学館新書
『七里おすすめ名著』
ビジネスや人間関係、人生に役立つ名著を紹介。

七里の『絶滅危惧職種図鑑』
自作自動車が一般的に

自動車整備士

自動車整備士は、メーカーで自動車を組みたてたり、車検の整備、事故や故障の修理をします。
 
専門的な技術や知識が必要です。
 
また、エンジンや工具には重量物もあるため、肉体的にもタフな仕事になります。

なぜ今後、【自動車整備士】が絶滅するのか?

理由については以下より確認できます!

 

七里の『良い広告で学ぼう』
人は一瞬、目を止めます

「四谷大塚塾」…60点

写真力ですね。
  
ただ、ここまで、真剣な眼差しで、見られると、人は一瞬、目を止めます。
  
その瞬間に、何か伝えたいメッセージを送る。
  
この広告の悪い部分は、伝えたいメッセージが弱いです。
  
わたしなら、真剣な顔 ⇒ 笑顔の顔 で、合格した子供の喜びと、親の喜び。
  
または、苦痛の軽減 をイメージさせます。
七里の『良い広告で学ぼう』
世の中の広告を100点満点で採点・解説。
じつは、事務所を引っ越そうかな~
と考えています。

そこで不動産屋さんを通して
さまざまな物件を調べてみました。

気になる物件を1件見つけましたが、
そこは消防法に関してムダなお金が
かかりそうな物件でした


基本的にどのような物件でも、
「スケルトン返し」といって、
壁紙などすべてを取っ払い
原状回復して退去する義務があります。

いま現在の賃借人の方は、床を30cm
かさ上げした状態で使用していました。


退去の際には、
床を30cm下げる必要があります

それに伴い、消火栓も現在の位置から
30cm下げなくてはいけない
というのがルールです。

しかしわたしは床を30cmかさ上げしている
いまの状態でそのまま使用したいので、
再び消火栓を移動させる必要があります

費用にして、だいたい30万円から
40万円ほどはかかると思います。


消防法に対応するためのたった
1、2週間のために何度も消火栓を
移動させるのはあまりにも効率が悪いので、

 
「どうにかできる方法はないか」

と、新宿消防署に電話して聞いてみました。


新宿消防署の回答

事情を説明すると新宿消防署の方も
きちんと回答してくれました。


担当の方によると消火栓のバルブ部が、
0区間から1.5m以下であれば
問題ないそうです。

仮に、床を30cm下げて、消火栓が宙に
浮いてしまうということになっても、
「器具の不能届」というものを提出すれば、
施設に少々の不能があっても大丈夫
とのこと。

ちなみに消火栓が宙に浮いてしまう代わりに
消火器を多めに設置したりする必要はあります。

不動産屋さんには、最初から消火栓を
移動させることが条件と聞いていたので、
新宿消防署の回答は意外でした


消火栓を移動させるよりも消火器をたくさん
おいた方が間違いなくコスパがいいので、
この方法は非常に助かります。


質問する技術

質問をする時、
より具体的に話すことによって、
相手もしっかり話を聞いてくれる
ので、
より適切な回答を得ることができます。

いい質問をすることで
会話がスムーズに進みます。

コミュニケーション能力に自信のない方は、
まずは「質問する技術」を磨いてください。


わたしも従業員の電話や、
どこかに電話してやりとりする際に
下手くそな質問や説明をされると
正直、イライラすることがあります

 
どうしてこんなに下手くそなのかな~
心の中で思うことが多いです。

また、以前にもお話しましたが、
予約がとれないレストランの予約をとる
というのも同じような技術だと思います。

予約がとれないレストランの予約を
何のコネもなく電話1本で
とれるようになったら
かなりコミュニケーション能力は高いです


質問する技術が備わっているからこそ
周りの人を味方につけて自分にとって有利な
交渉を進めることができるのだと思います。


このような技術は人生において
大きな財産になるので、
ぜひ意識してみてください。


以上が「質問する技術」について
わたしが消防署に質問した時のことを例に、
お話させていただきました。

あなたは質問や説明をする際に、
相手にきちんと自分の伝えたいことが
伝わっていますか?

またもし、質問や説明をするときに
気を付けていることがあれば
コメントに書いてください。

コミュニケーションは人それぞれなので、
たくさんのお話をきいて、

わたしももっと質の高いコミュニケーションを
目指していきたいと思います。

 コメントは以下からどうぞ 

 
※すべてのコメントは、
 いつも楽しく見させていただいてます。
 ありがとうございます。
 ネガティブコメントも、すごく勉強になってます。
 返信はあまりしてませんが、
 どんどんコメントください。
 よろしくお願いします。