平日毎日斬新な情報お送りします!
開発者
七里信一
日刊ブログ

【タイプ診断】あなたは感情脳or論理脳?

2021/04/12
テスト

You Tubeはじめました!
チャンネル登録お願いします!

里です。

今から、

「あなたが感情的なタイプかどうか」
を判断する簡単なテストをします。

ものごとを考える時、感情的に
なってしまうことは非常に危険です。

とくに、ビジネスの世界では、
いかに論理的に考えることができるかが、
重要になってきます。

ビジネスでもっとも大切なことは、

「儲かるか、儲からないか」
ということなのです。

シンプルに結論を導く思考能力を
身につけておけば、最低限の労力で
稼ぐことが可能になります


それでは、診断していきましょう。


まず、本題に入る前に
お伝えしたいことがあります。

わたしはビジネスに役立つ話や、
あなたの成長に貢献できるような
情報を発信しています。

そこで気づいた良い点・悪い点について
あなたなりに感じたことを
必ずコメントしていただきたいです。

インプットした情報は、
アウトプットをすることによって、
得た知識が経験となり結果に繋がります。

また、コメントを書くことを前提に
読んでいただくことによって、
情報収集の効率が上がります。

ぜひ、意識してみてください。

 

ついつい感情的になってしまって、
あとから反省する、といった経験は、
大人なら誰でもあると思います。

子供を叱ったり、誰かに腹が立ったり、
慢性的にイライラしている人もいますよね。

このようなタイプの方は損得でいうと、
「損」をするタイプの人間だと思います。


イライラに限らず、自分の感情的な部分を
コントロールできないということは
生きていく上で障害になります


最近は、ロジカルシンキングの本や、
アンガーマネジメントに関する本が
多く出版されています。

それだけビジネスパーソンにとって、
必須スキルになってきているのだなあと
感じています。

もし、わたしがあなたに

「あなたは感情的なタイプの人間ですか?」

と、聞いたら、
おそらく否定すると思いますが・・・

以下の質問に対してはどう答えますか?

ぜひ考えてみてください。

あなたと、もう1人の人間が
2人一組でビジネスをしています。

2人とも同じ時間で、
同じ作業をして働いているので、
労力は全く同じです。

ある日、ビジネスが成功して、
2人の元に100万円の収入が入りました。

この100万円をどう分けるかは自由です。

しかし、1回で決められない場合は、
シュレッダー処理をする
という
条件があります。

すると、相手から、


「俺が90万円で、おまえは10万円だ」

と言われました。

あなたはそれを聞いてどう思うでしょうか?

また、それに対して何て答えますか?
 
答えは出ましたか?

「イエス」と答えた方は、
おそらく少数だと思います。

「ノー」と答えた方は、
感情的なタイプの人間です。


この場合、多くの方が「ノー」と答えます。

それもそのはずで、

「どうして同じ時間、
 同じ作業をしてきたのに、
 自分の取り分が極端に少ないんだ!」

と思うのが一般的だからです。

しかし、その考えそのものが、
感情的な見かたであって、
非常に良くない危険な考え方なんですよ。

同じ状況でも、視点を変えると、


目の前の10万円が
欲しいか、欲しくないか


ということであり、


意見すれば1円も得られない

というシンプルなことに気がつきます。


相手が90万円もらうということは、
自分にとって関係ない


そう考えることができれば、
あなたは目の前の10万円を満足して
受け取ることができるはずです。

こういう視点で
物事を考えられるようになれば、
あなたの人生は
「得」で溢れていくと思います。

反対に「ノー」と答えた方は、
目の前の10万円を失いました


感情で物事を考えた結果、
あなたはせっかくの10万円を
自らドブに捨てたということです。

この質問は、感情で物事を
考えることの危険性を伝える上で
とてもいい例だと思います。


感情的なタイプの人の特徴

また余談ですが、
感情的なタイプの人には
以下のような特徴があります。

・心に余裕がなく、不安
・自分の気持ちを理解して欲しい
自信がない

当てはまる項目があった方は、
もしかすると知らず知らずのうちに
感情的になっているかもしれません。

そういう方はなるべくストレスを解消して、
あまり自分に厳しくし過ぎないように、
気をつけていただきたいと思います。


それでは、今日はコメントに、
あなたが過去に、感情で物事を考えて
失敗した経験について書いてください。

みんなで失敗談をシェアしましょう。

 コメントは以下からどうぞ 

 
※すべてのコメントは、
 いつも楽しく見させていただいてます。
 ありがとうございます。
 ネガティブコメントも、すごく勉強になってます。
 返信はあまりしてませんが、
 どんどんコメントください。
 よろしくお願いします。