平日毎日斬新な情報お送りします!
開発者
七里信一
日刊ブログ

商品を売るのがヘタな人の特徴

2021/07/28
テスト

本日のインプット動画

里です。

本日は、

売るのがヘタな人の特徴
についてお話します。

いい商品なのに売れないのは、
ほとんどの場合、売り手に問題があります。

とくに、まじめに本を読んで
勉強している人は要注意です。

なぜなら、その道のプロであればあるほど
見落としている落とし穴があるからです。


まず、本題に入る前に
お伝えしたいことがあります。

わたしはビジネスに役立つ話や、
あなたの成長に貢献できるような
情報を発信しています。

そこで気づいた良い点・悪い点について
あなたなりに感じたことを
必ずコメントしていただきたいです。

インプットした情報は、
アウトプットをすることによって、
得た知識が経験となり結果に繋がります。

また、コメントを書くことを前提に
読んでいただくことによって、
情報収集の効率が上がります。

ぜひ、意識してみてください。

 

七里の厳選無料情報コーナー

七里おすすめレストラン
フレンチを語るなら

L'OSIER(ロオジエ)

ジャンル:フレンチ
予算:6万円
住所:東京都中央区銀座7-5-5



銀座にある、“ガチガチ”のフレンチレストラン。

ロブションと並ぶ、日本最高級レベルの格式の高いお店です。

ソムリエさんをはじめ、すべての方がプライドを持っていて、接客も完ぺき。

料理は王道フレンチ。あまり崩さない形で楽しく美味しくいただけます。

“フレンチレストランを語るなら、札束にぎってロオジエに行け”といった感じですね。
『七里おすすめレストラン』
東京で一番遊びを知っている私が、至高のグルメをご紹介。

七里おすすめ名著
全米NO.1のセールス・ライターが教える

10倍売る人の文章術

営業マンは、ゼロ人。いっさいの対面販売なし!
 
まさに“宣伝文だけ"で売りに売ったシュガーマンの特別なテクニックと、思ったとおりに相手に読ませ、信頼させる文章術のエッセンスを一冊の中に凝縮。
 
著者:ジョセフ・シュガーマン
出版社:PHP研究所
『七里おすすめ名著』
ビジネスや人間関係、人生に役立つ名著を紹介。

七里の『絶滅危惧職種図鑑』
教師の役割が変わっていく

高校教師


高校教師の仕事は、生徒の学力や人間力を上げることです。

学力を上げるための手段が授業です。授業はただ教室で話せば良いわけではあり
ません。

1年単位での生徒の成長を考え、どのようなペースで授業を行っていくかを組み立てるのです。

なぜ今後、【高校教師】が絶滅するのか?

理由については以下より確認できます!

 

七里の『良い広告で学ぼう』
バリバリ食べたくなる広告

「お好みわれせん」…65点

黒の背景に、せんべいのしょうゆ色がいいですね。
  
バリバリ食べたくなる広告です。
  
でも、もう少し工夫が欲しいですね。
  
ここまで、食べたくなったのに、最後にひと押しが弱いかな?  
  
こたつにミカンとか、美味しく食べている写真とか、イメージ力を刺激をしてもいいと思います。
  
売り上げが、10%UPぐらいするのでは?
七里の『良い広告で学ぼう』
世の中の広告を100点満点で採点・解説。
特徴1.  お客様の気持ちになれない

先日コンサルをしている時に感じたのですが

お客様の気持ちになれないと商品は売れません。

売るためにはまず、
お客様の気持ちに立つことが大切です


その方が販売している商品はとてもよく
方向性も間違っていないのに、
どうしてうまくいかないのかな~と考えたら

 
お客様の気持ちななれていなかった

ということがありました。

お客様の気持ちになれないと、

商品説明がお客様に響かないのです。

その方はとても頭がよく勉強家で、
努力するタイプの人間ですが、
かえって頭でっかちになってしまい、
お客様の気持ちを考えていませんでした。

とくに本を読んで勉強をする努力型の人ほど
この傾向があります。


特徴2. 専門的な言葉をつかう

勉強熱心な人は、自分自身の言葉ではなく、
本に書いてある言葉を多用しがちですが、
お客様からするとわかりにくいです。


せっかく勉強して商品の知識をつけても、
これでは全く意味がないので、

ターゲットとしているお客様の言葉
つかって説明することを意識してください。

それが商品の魅力を伝えるうえで、
最良な方法だと思います。

お客様が知っている言葉をつかって、
理解しやすい説明をすることが
上手な営業です。

いまビジネスがうまくいかず悩んでいる人は

 
お客様の気持ちになって、
お客様の言葉で話しているか?


ということを
考えていただきたいと思います。


特徴3. 自分の常識=お客の常識という思考

お客様の考えと自分の考えは同じという
思考をもっているとビジネスはむずかしいです。


いったん、自分自身の考えは

リセットした方がいいと思います。

それから周りの人や友達、見込み客など
たくさんの人に自分の商品を見てもらい、
感想をどんどん聞いていきます。

これは自分の商品を第三者目線で、
客観的にとらえるための作業です。

どんなにいい商品を持っていたとしても、
客観性を失うと、お客様の立場から
どんどん離れていってしまう
ので、
とても重要な作業だと思います。

あれこれ説明して売り込む前に、
お客様の話を聞いて、メモして、
相手の立場になってから、
商品を売るようにしてみてください。

話す割合でいうと、

お客様が8割話して自分は2割
のイメージです。

ぜひこれは意識していただきたいと思います。


素人の方がよりお客様の立場になれる

話は変わりますが、ある程度成功すると、
お客様の立場に立つことが難しくなる
と感じました。

じつは最近「いまの俺ではダメだ!!」と
痛感するできごとがあったのです。

 
このたび、弊社エキスパは、
「トリプル配信」という
新しいシステムをつくりました。


基本的にはエキスパと同じですが、
フルモデルチェンジして、
開発費用はなんと2億円を超えています。

将来、何十年とつかえるように
プログラミングに力をいれて、
ゼロから自社開発した
最強のメール配信システムになります。

そして、その新しい「トリプル配信」を
お客様に知ってもらう方法を考えた際、
「いまの俺ではダメだ・・・」と感じました。

わたしがはじめてメルマガ配信を
おこなったのは、いまから15年ほど前です。

当時のメール配信システムを色々リサーチし
トライ&エラーを繰り返しながら、
だいたい20社のシステムをつかいました


それでもベストなものが見つからなかったので
「自分でつくろう!」と思い、
エキスパを立ち上げたという経緯があります。

当時のわたしはまだまだ素人で、
経営者としてよりお客様としての
思考がつよかったのでお客様に響くワードを
考えることが簡単にできました。

しかし、今となっては、
経営者としての考え方になっているので、
お客様の立場になることがむずかしいです


素人の方が、お客様の心にヒットするものを
考えることが得意なのではないかと思いました。

以上、今日ご紹介した
「売るのがヘタな人の特徴」です。

もし当てはまっていた方は、
今日から自分を見直して、
ガンガン商品を売れるように
成長していただければなと思います。

また気づいたことは、
どんどんコメントにアウトプットしてください。

情報や知識はインプットして、
アウトプットすることで経験になります。

経験は最終的に結果につながるので、
ぜひコメントを書いてください。

 コメントは以下からどうぞ 

 
※すべてのコメントは、
 いつも楽しく見させていただいてます。
 ありがとうございます。
 ネガティブコメントも、すごく勉強になってます。
 返信はあまりしてませんが、
 どんどんコメントください。
 よろしくお願いします。