平日毎日斬新な情報お送りします!
開発者
七里信一
日刊ブログ

やってはいけない商品の作り方

2021/03/23
テスト

本日のインプット動画

里です。

今回は、

本当に売りたい商品が
ぜんぜん売れない理由

についてお話しします。

過去に一度、わたしの元に
コンサルを受けにきた男性が


「海外でパスポートをなくした時に
 なんとかして帰国する方法」


というノウハウを持ってきました。

すごく面白いですが、わたしは
売れないんじゃないかなぁ?と
彼に伝えました


その理由は・・・


つづきは以下からチェックしてください。


まず、本題に入る前に
お伝えしたいことがあります。

わたしはビジネスに役立つ話や、
あなたの成長に貢献できるような
情報を発信しています。

そこで気づいた良い点・悪い点について
あなたなりに感じたことを
必ずコメントしていただきたいです。

インプットした情報は、
アウトプットをすることによって、
得た知識が経験となり結果に繋がります。

また、コメントを書くことを前提に
読んでいただくことによって、
情報収集の効率が上がります。

ぜひ、意識してみてください。

 

わたしのもとには沢山の方が
ビジネスを学びに来てくれており、
その数は
1万人を超えると思います。

「こんな商品を売りたいんです」

というように、
売りたい、売れると思う商品を持って、
わたしにコンサルを依頼される方が
大多数ですが、正直なところ・・・

あなたがいいと思う商品は売れません。

今日は、その理由について、
詳しくお話したいと思います。


いいと思うもの=自分が欲しいもの

最初から自分で「●●がやりたい!」と
思うことは素晴らしいことですが、
ほとんどの方が持ってきたビジネスモデルは
うまくいかないと思います。

結局、自分が「いい」と思うものは、
単純に自分が欲しいものや、
売りたいものなだけという場合が多い
です。

ですので、顧客目線で商品を
考えることができていません


そのため、せっかく商品をつくっても、
まったく売れないという状況に
陥りやすいと思います。

経営者として、
商売人として、
ビジネスマンとして・・・

良い結果を出すためには、
お客様の気持ちをきちんと
理解していることが重要
です。

自分の欲しいものと、
お客様の欲しいものが一致していることが
理想ですが、まずは、

自分の売りたいものではなく、
お客様の求めているものを売る。


そういう視点に切り替えて、
考えてみてください。


必要性は高いがパイが狭すぎる商品

さて、冒頭でもお話した

「海外でパスポートをなくした時に
 なんとかして帰国する方法」


というノウハウについてです。

初めて聞いた時

「なんて斬新な商品なんだ(笑)」

と、驚いたのを今でも覚えています。

じつに面白いですし、
実際にその状況に直面した人には
とても響く商品だと思います


しかし、海外でパスポートをなくす人が
どのくらいいるのか?


ということを考えると、
パイが狭すぎるので売れにくいと感じ、
彼にそう伝えました。

すると彼は、


「いや、でも僕は中国で
 
パスポートをなくした時に
 なんとか日本に帰ってきた経験があって、
 
これは絶対に売れるんです!!!

と言い残して、そのまま帰って行って
しまったことがあります。


「売れない」というと逆に燃え上がる

わたしの経験上、
売りたいと思っている商品を否定すると

「もっと頑張ります!絶対に売ります!」

といって彼のように、
逆に燃え上がる人がいます。

それでうまくいけばいいのですが、
だいたい失敗に終わってしまうことが多いです


残念ですが、
あなたが売れると思ったものは売れません。


これはぜひ、
覚えておいていただきたいと思います。



どうしても売りたい商品がある方へ

どうしても●●が売りたい!という方は、
とりあえず今すぐ売ってください。

極端な話、現時点で商品がなくても
売ってしまっていいと思います。

そもそも、商品をつくったところで、
売れるかどうかは分からないので、

“1つでも売れてから商品をつくる”

というやり方でいいと思います。

また、売れてからつくるということは、
お客様と一対一で向き合うことになるので、
よりニーズが高い商品に仕上がる
はずです。

そこから、改善を重ねながら、
どんどん商品を売っていけば本当の意味で
いい商品が完成すると思います。

次に、売るための方法ですが、
今の時代は自分で媒体を持てる時代なので
SNSで商品を発信しましょう。

「売るための行動」を
積極的に起こすことで、

何をつくったら売れるのか?

ということにも気が付くかもしれません。

成功している人はこの流れで
ビジネスを始めているケースが多い
です。

ぜひ、みなさんがこれから
ビジネスを始める際に、
参考にしていただけたらなと思います。

それでは、今日もコメント欄をつかって
アウトプットをしてください。



ちなみに・・・

ビジネス系の記事に対してのコメントが
少ない傾向にあるので、
少し寂しい気持ちになっています(笑)

ぜひ、コメントを書いてください。

あなからのコメント、
お待ちしております。

 コメントは以下からどうぞ 

 
※すべてのコメントは、
 いつも楽しく見させていただいてます。
 ありがとうございます。
 ネガティブコメントも、すごく勉強になってます。
 返信はあまりしてませんが、
 どんどんコメントください。
 よろしくお願いします。