平日毎日斬新な情報お送りします!
開発者
七里信一
日刊ブログ

冤罪で死刑になる人はバカだね

2021/09/05
テスト

本日のインプット動画

里です。

はっきり言って、冤罪で死刑になる人は
バカなんじゃないかなと思います。


もちろん裁判で、無罪を証明できずに、
死刑という判決をうけるということ事態
まちがっているとは思います。

しかし、そういう残念な結果にならないよう

“あること”ができていれば、
死刑囚になることはなかったはずです。


まず、本題に入る前に
お伝えしたいことがあります。

わたしはビジネスに役立つ話や、
あなたの成長に貢献できるような
情報を発信しています。

そこで気づいた良い点・悪い点について
あなたなりに感じたことを
必ずコメントしていただきたいです。

インプットした情報は、
アウトプットをすることによって、
得た知識が経験となり結果に繋がります。

また、コメントを書くことを前提に
読んでいただくことによって、
情報収集の効率が上がります。

ぜひ、意識してみてください。

 

七里の厳選無料情報コーナー

七里おすすめレストラン 
寿司とワインのペア

桜坂 加とう

ジャンル:和食
住所:東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワー 1F
予約:1週間前
ドレスコード:なし(オシャレは必要)


寿司一貫ずつにワイン一杯
ペアリングしてくれる珍しいお店です。

私が広めちゃったのか
ネットビジネス系の若い方が来ていたりも多く
面白い出会いもあるかもしれません。

ワインとお寿司のペアリングを楽しみたい時
桜坂の加とうさんおすすめです。
『七里おすすめレストラン』
東京で一番遊びを知っている私が、至高のグルメをご紹介。

七里おすすめ名著
世界で一番コトPOPがわかる本

コトPOPを書いたら あっ、売れちゃった!

「役立つコト」や「困っているコト」を解決する「コト」を書く、それが「コトPOP」。

コトPOPの第一人者が語る、売上が上がる「コト」の伝え方。

POP表記のバイブルとなる一冊です。

著者:山口茂
               出版社:商業界
『七里おすすめ名著』
ビジネスや人間関係、人生に役立つ名著を紹介。

七里の『絶滅危惧職種図鑑』
筋トレの形が変化する

スポーツトレーナー

スポーツインストラクターは、器具の正しい使い方を教えたり、利用者に応じたトレーニングメニューを作成したりしています。

身体や運動に関する知識ももちろん必要ですが、それだけでなくコミュニケーションの大切な仕事です。

なぜ今後、【スポーツトレーナー】が絶滅するのか?

理由については以下より確認できます!

 

七里の『良い広告で学ぼう』
興味を引くレベルが高い

「補聴器」…80点

うまい!!!

これ以上ない、言葉と写真とのコラボ!
引きつけるで言ったら、レベルが高いです。

両面広告で、

表面が、気を引く
裏面が購入意欲を引く。です。
  
相手の感情をうまく操ったうまい広告です。
  
写真はシンプルで、すごくいいですが弱いかな?

もう少しいいのがあると思います。
七里の『良い広告で学ぼう』
世の中の広告を100点満点で採点・解説。
わたしは10代、20代のころ、
けっこうやんちゃしていたので、
警察のお世話になることが
何度もありました。

そこで、学んだことは、

権力に逆らってはダメということです

これは警察に限らず、
税務署や国に関係する組織すべてに
当てはまることだと思います


例えば、
交通違反で警察に捕まってしまった際は、
丁重に謝る方がいいです。


わたしはこの6年から7年の間に、
4回ほど交通違反で止められていますが、
きちんと謝ることで、
1回は見逃してもらうことができました。

どうして、見逃してもらうことが
できたのかというと・・・

まず、止められたら、
素直にエンジンを切って、
鍵と一緒に免許証を渡します。

そのときに、

「本当にすみませんでした。
 わたしの不注意です。」


というように、一番最初に謝ります。

自分の非を認めて、謝ることで、
許してもらえる場合があるので、
ぜひ参考にしていただきたいです。

権力に逆らっても
何もいいことはありません。

これは覚えておいていただきたいな~
と思います。


権力に逆らう下流老人の話

もう20年以上前にやんちゃをして
新宿の留置所に一晩
お世話になった時に聞いた話です。

その日、とある下流老人が
留置所にやってきました。


70歳近いおじいちゃんの話で、
今でも覚えています。

ただの勘違いかもしれませんが、
そのおじいちゃんは、ホステスと
付き合っていると言っていて、
そのホステスから、携帯電話を
買ってくるよう指示されたそうです


その際に「これで買ってきて」と
渡されたカードがなんと・・・

 
偽造カードでした。

警察は「偽造のカードで買い物をした」
という理由でおじいちゃんを
捕まえたわけですが本人の言い分は、

 
「俺はやっていない、
 女の人にやれと言われたからやった
 俺は悪くない!!」


の一点張りです。

さらに、国選弁護人の弁護士さんも
同席して話をしますが、
「俺は悪くない」と、
ずーーっと言い張っていたそうです。

国選弁護人とは、被告人が
貧困などの理由で弁護士を呼べない場合
国が弁護士費用を負担し選任する
弁護士さんのことをいいます。

その弁護士さんですら、

「国選で仕事だからやっているけど、
 あなたみたいな人の弁護はしたくない
 その様子だと、罪重くなりますよ」


というようなことを言われたと、
本人が言っていました。

そしておじいさんとは、
検事さんとも相当揉めていたみたいなので、
刑は重かったと思います。



わたしがおじいちゃんの立場だったら

もしわたしが、そのおじいちゃんの
立場だったら、まずは罪を認めます。


それから、

「自分の意思ではなく、女の人に
 騙されてこのようなことをしました」


と経緯を説明すると思います。

そして弁護士さんは、
絶対自分の味方にしないといけません


弁護士さんを
怒らせてしまったら終わりです。

また、弁護士さんと同様に、
警察官の方とも仲良くなった方がいいです


お互い同じ人間なので、
仲良くなれば相手も自分のことを
一緒になって考えてくれます。


そのためにまずは罪を認める、謝る
というということが重要です。


頭がいい俺!

わたしは権力に対して絶対
逆らわないようにしています。


例えば、税務署の職員の方が
会社にきても、


「ありがとうございます!」

という言葉をかけますし、
感謝の気持ちが自然とわきます。

当たり前ですがわたしは
売上を隠したり経費を上乗せしたり、
そういう架空の計上は
一切おこなっていません。

そのため税務調査が入っても
まったく問題ないです。

経費は、理由と根拠と証拠を
残していくことが大切です。


それがきちんとできていれば、
税務署と揉めることはないと思います。

権力を相手に、揉めたりケンカしても
100%マイナスにしかならないので
やめた方がいいです。

きちんとコミュニケーションをとって、
「相手は自分の鏡」という意識で
接することが重要だと思います。


今日は、

・権力には逆らわない
・コミュニケーションで仲良くなる

以上2つについてお話しました。

冤罪で死刑になったり、
警察や税務署と揉める人というのは
この2つが大きく欠けている場合が多いです。

変なプライドをもたないで、
歩み寄るという姿勢が大切なのでは
ないかなと思います。

ぜひみなさんも参考にしてみてください。

それではまた次回、お会いしましょう!
〜バイオリン教室について〜
募集の際はメルマガにてお声かけしますので
今しばらくお待ちください!

 

 コメントは以下からどうぞ 

 ※すべてのコメントは、
 いつも楽しく見させていただいてます。
 ありがとうございます。
 ネガティブコメントも、すごく勉強になってます。
 返信はあまりしてませんが、
 どんどんコメントください。
 よろしくお願いします。