平日毎日斬新な情報お送りします!
開発者
七里信一
日刊ブログ

多額の税金を払わされる男の末路

2020/01/10

本日の動画
「節税」と「脱税」

七里です。

日本でビジネスをするにあたって、
やっぱり税金はきちんと払った方がいい
です。

わたし自身、税金は少し多めに払って


「日本に貢献しよう!」

という気持ちがあります。

でも儲かっていると、
節税もしないと
すごく税金を取られてしまいます。

そのバランスが、すごく難しい。

今回は、税務調査対策について
お話したいと思います。

詳しくは以下からチェックしてください。

七里の厳選無料情報コーナー

七里おすすめレストラン
13年連続ミシュラン三ツ星

カンテサンス

ジャンル:フレンチ
予算:4万円
住所:東京都品川区北品川6-7-29 ガーデンシティ品川 御殿山 1F



ミシュランの三ツ星を13年連続で獲得している、フレンチの巨匠。

誰しも一度は訪れたいと思うお店ではないでしょうか。

シェフの岸田さんによる王道フレンチの素晴らしさはもちろん、店内の雰囲気や

ワインのチョイス、グラスなど、すべてのバランスがパーフェクト。

「OMAKASE」というサイトで、1席4人で平日17時からだと比較的予約がとりやすいで
『七里おすすめレストラン』
東京で一番遊びを知っている私が、至高のグルメをご紹介。

七里おすすめ名著
中小企業の稼ぎ方

あなたの会社が90日で儲かる!

中小企業は、どうやって利益を上げるべきか。

答えは、感情にフォーカスしたマーケティングである、エモーショナルマーケティングを行うこと。

実際の広告事例とともに、顧客自らが店を探し出し、買わせてくれと言わせる方法を学ぶことが出来ます。


著者:神田昌典
出版社:フォレスト出版
『七里おすすめ名著』
ビジネスや人間関係、人生に役立つ名著を紹介。

七里の『絶滅危惧職種図鑑』
道具の進化で職人が不要に

大工

大工とは、木造の建築物の建築や修理をする職人のこと。

大工に必要とされるのは言うまで
もなく体力でしょう。

また、技術力も必要不可欠。ノコギリや金づちなどさまざまな道具を使いますが、これらの習得は簡単なものではありません。


なぜ今後、【大工】が絶滅するのか?

理由については以下より確認できます!

 

七里の『良い広告で学ぼう』
広告として良いバランス!

「マルコメ味噌汁」…75点

解りやすいから、75点!!
  
  
購入意欲の最後のひと押しがないのは微妙ですが、
  
  
パック物の良さ、いろいろ楽しめるを、
  
うまく前面にだしている広告です。
  
  
売れる広告と、イメージ広告 のバランスがいいです。
七里の『良い広告で学ぼう』
世の中の広告を100点満点で採点・解説。
税務調査対策その1です。 

まず最初に、
一番勘違いしてほしくないのが


今回の話は「節税」の話であって
「脱税」の話ではない


ということです。

節税脱税の違いを
覚えておいてほしいのです。


「節税」とは・・・

税法を使って税金の取られる
パーセンテージを減らしたり
もともとは経費でなかったものを
経費にしてもらうことです。

パーセンテージを減らす例でいうと
例えば給料を1,000万円払っていたら、
そのうちの20%は本来税金です。

しかし、


『毎年毎年ある程度、
 給料アップをした会社は、
 20%の税金を15%にできる』


という
特別な税法を活用すると、
節税することができるのです。

こういったものが、
税法を使った節税です。


他にも、通常だったら飲食費は接待交際費で800万円までしか認められません。

でも、飲食業をしていたら

「いろいろ勉強するためにご飯を食べに行きました!」

「なので、飲食費は800万円を
超えているけど経費にしてください!」


という話が通るようになります。

これは、経費でなかったものを
経費にしてもらう節税です。


要は、きちんとした業務業態、
ビジネスモデルを説明することによって
経費扱いしてもらうのが節税になるのです。

税務調査対策というものは

「経費性をきちんと見てもらう」
ということが非常に重要なんです。
 

「脱税」とは・・・
 
次に「脱税」ですね。

・あるものを、ないようにする
・ないものを、あるようにする


これらは脱税であり、犯罪です。

例えば・・・

本当は年商10億円の会社が、1億円を
まったくの別会社に振り込ませる。

そして

「うちは9億円の売り上げしかないですよー」

と、1憶円をまったくの無申告にする。

これは売り上げを隠したということになり
非常に重い罪になります。

『あるものを、ないものにする』

これが脱税です。

逆に、『ないものを、あるものにする』脱税もあります。

従業員が10人いて1人100万円払って、毎月1,000万円の給料を払っている会社があるとします。

でも、そのうちの1人は
実は口座を借りているだけの友達で、
実際に勤務している実績がない

といったパターン。

他にも、請求書を勝手に作ったりですね。

お金を誰かの口座に見せかけて振り込み、

本当はお金は返してもらっているのに、
請求書としては
「コンサルフィー」にしている


などです。

これらも、非常に重い罪の脱税になります。



やっぱり、バレます。

こういうことをやっていると、
税務署職員ってとてつもなく
優秀な人が集まっているので

やっぱりバレます。

それに、嘘をついても
3〜5年前の嘘なんて自分も覚えてない
んですよ。

嘘に嘘を重ねると、
どんどんぐちゃぐちゃになってきて
最終的には見つかって

多額の税金を払わされます。


税務対策というのは、
きちんとしたルールを最初に作って、
そのルール通りに節税をしながら

1年、2年、3年・・・

というふうに会社を経営していく。

これが基本中の基本であり、
会社としても正しい経営方針なのです。

とはいえ、今日の内容だけでは
実は不十分で


『ある準備』をすることで・・・

いつ税務調査が入っても大丈夫になり、
ドンと構えることができます


詳しくはまた次回、お話します。

感想や、聞きたいことがあれば、
ぜひコメントしてください!

七里信一 ビジネス大失敗物語
第5話 公開!!!

 感想お待ちしています!