従業員が裏切りました

2019/11/23
七里です。

コンサルタントと従業員が、同時に私を裏切りました。


今回のコンサルタントは、正直コンサルとして最低だし、従業員はクビにしようか本気で考えています。


こっちが好意で、美味しいレストランに連れて行ってあげたのに

その場で裏切って、しかも二人とも笑ってました。

本人たちが無自覚なのが、さらに罪が重いです。


他社の従業員と会うときの暗黙のルールを、わかっていない人が多すぎます。


くわしくはあとがきで・・・

七里の厳選無料情報コーナー

七里信一 『今日の格言』
結果を出すためには、何かを捨てる事から始まる

七里信一『今日の格言』
年収1億円になるまでに生み出したマインドセットの数々。

七里おすすめレストラン
大将の焼き加減が最高

炭火焼肉 なかはら

ジャンル:焼肉
予算:3万円
住所:東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷 9F
ドレスコード:なし(オシャレは必要)


肉は焼く人によって美味しさが変わります。

大将の中原さんに焼いてもらうのが良くて
頑張って予約の時にできればカウンターを予約してください。

「え、炭になるんじゃないですか」と
思うくらいに焼きますが、さすが炭火の
火加減を理解していてすごく美味しいです。
『七里おすすめレストラン』
東京で一番遊びを知っている私が、至高のグルメをご紹介。

七里おすすめ名著
なぜ彼らの言いなりになってしまうのか

ヤクザの実戦心理術

彼らこそ「心理学のプロフェッショナル」である。

学者がしたり顔で解説する机上の空論ではない。実践心理学なのだ。

いかに言葉でもって、暴力と同等の成果を得るかというウラ技の実践心理学なのだ。

著者:向谷 匡史
出版社:KKベストセラーズ
『七里おすすめ名著』
ビジネスや人間関係、人生に役立つ名著を紹介。

七里信一の『絶滅危惧 職種図鑑』
ロボット警備員も現実化

警備員

警備員は、万が一の場合に備え、顧客の財産や身体、施設などの安全を守る仕事です。

警備業法があるため、警備員を公人だと勘違いする人もいるでしょうが、警備員はあくまで顧客に雇われた私人にすぎません。


なぜ今、【警備員】が危ないのか?

危ない理由については以下より確認できます!

 

七里の『良い広告で学ぼう』
全体的にバランスがいい広告

「白髪用トリートメント」 85点

ターゲットが明確になっているので、いい広告です。
  
特に、ビフォー、アフターがわかりやすいです。
  
左上に、ちょっと、「テレビCMでおなじみ」というのが、
信頼性を上げてます。これくらいの強さがいいですね。
  
全体的にバランスがいい広告です。
七里の『良い広告で学ぼう』
世の中の広告を100点満点で採点・解説。

あとがき

他社の従業員と会うときの暗黙の作法・・・

それは、相手方の従業員の仕事のやる気を削ぐようなことを言わない ということです。

経営者が相手の従業員をたぶらかすのは、ご法度なのです。


たとえば
自分がいくら稼いでるとか、

あなたの業界はやばいですよとか、

自社がいかに恵まれてるかとか、

そういうことは言ってはいけません。



そういう話を聞いた相手方の従業員が、翌日からどうなるか。


「頑張っても俺はこれしか稼げないんだ…」とか

「たしかにこの業界はやばいかもしれないぞ…」とか

いいなあ、◯◯さんの職場は。羨ましい…」とか、考え始めます。


仕事に集中どころではなくなるし、

最悪の場合、会社を出ていってしまいます。

経営者側からしたら、迷惑でしかないわけです。



だから、今の会社を辞めたくなるようなことは、お互いに言わないこと。

経営者がお互いに社員を連れて行く場であれば、最重要事項です。



むしろ、
相手の従業員が、今の会社でもっと働きたくなるようなことを言うのが大人です。



「おたくの社長さんは凄腕だからね~。近くにいれてラッキーだと思うよ」とか

うちはやめといた方がいいよ、だって俺暴言はくし(笑)」とか

そうやってお互いに相手の会社を褒め合う、謙遜し合うのが、スマートです。


従業員が、翌日から、より一層頑張ろうと思える。

社外の人と会うときには、そんな場になるのが理想なわけです。



その日のコンサルタントとの食事会ですが、

帰り道、私が目を離しているすきに、二人が盛り上がっていました。


なにを話してるのかな~と嫌な予感がしていたら、

「◯◯◯万稼いでますよ」とか
「うちに来て△ヶ月で稼ぐようになった人がいるんですよ」とか、コンサルが話してて、

従業員もやめとけばいいのに

「すごいですね!!!」
「僕にも教えて下さい!!」
と、目をキラキラさせている。

・・・やっぱり今思い返しても最悪、です。苦笑


本当だったら、コンサルは従業員がもっとうちで頑張りたくなるようなことを話すべきだったし、

従業員も、話に乗ってはだめです。
連れて行ってもらった場では、空気にならないと。

私のもとで、なにを学んでいるのか?残念でなりません。



入って間もない人だったからまだ我慢したけど、

もし長く働いてくれている社員だったら・・・

コンサルは絶対公開処刑するし、社員も間違いなくクビです。


やっぱり、従業員はああいう場に連れて行くべきではないなと再認識しました。


今一度宣言します。

七里は、うちの従業員をたぶらかす人は絶対許しません。


取引先相手や、上司やビジネスパートナーとの関係性は大事です。

あなたも、似たようなミスをしないよう気をつけてください。

七里信一 ビジネス大失敗物語
第6話 公開!!!

動画版

本日の内容について、動画でも話しました。

『動画でしか伝わらないリアリティ』や、
『文章では削除されてしまった部分』も、そのまま入っています。

ぜひ聴いてみてください!

 感想お待ちしています!

最新の記事