デヴィ夫人に帰らされました・・・

2019/11/11
デヴィ夫人は、年に5回ほど
大々的なパーティーを開催します。

2月に誕生日パーティー
4月にコンサートパーティー
6月に宝石の展示会
10月にインペリアル(芸能人とかも参加する大規模なもの)
12月にクリスマスパーティー

私もパーティーに呼んでもらるようになったことで、
徐々に夫人と仲良くなりました。


そしてもっと仲良くなると、
次はプライベートの食事会
呼んでもらえるようになるのですが・・・

ある時とんでもないことが起きました。

何が起きたのかというと、
デヴィ夫人にいきなり追い返されたのです。


七里の厳選無料情報コーナー

七里信一 『今日の格言』
パターンの深掘りが、最短の成功法則

七里信一『今日の格言』
年収1億円になるまでに生み出したマインドセットの数々。

七里おすすめレストラン
ワインと和食好きは是非

はらまさ

ジャンル:和食
予算:  2~3万円
予約:  当日予約可 前日でほぼ予約可
ドレスコード:なし(オシャレは必要)

住所:  東京都新宿区四谷4-8 ライオンズ四谷タワーゲート店舗棟 B1F



王道の京料理店で当日予約が取れて
グラスでこれだけ美味しいシャンパンと
白ワインが楽しめる和食屋さんは東京になかなかないです。

ソムリエさんにワインをチョイスしてもらえて
とてつもなく美味しいです。

コースで1万5000円もあり
数杯のお酒こみで2人で4万円ぐらいと
とてつもなくパフォーマンスがいいです。

料理に関しては特に必ず出てくる
魚とミソとノリを巻いた料理が
スペシャリティで本当に美味しいです。

場所は四谷のビルの地下一階で
はらまさと書いてないのですごい分かりづらいです。

入り口気を付けて行ってください。
『七里おすすめレストラン』
東京で一番遊びを知っている私が、至高のグルメをご紹介。

七里おすすめ名著
目を鍛えれば見えてくる

ビジネスマンのための「発見力」養成講座

ものやサービスを見る目を鍛えれば、発見力が高まります。

これまで気づけなかったことに気づけるようになるのも、すごく楽しいです。

そのための手法を是非チェックしてください。

著者:小宮 一慶
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
『七里おすすめ名著』
ビジネスや人間関係、人生に役立つ名著を紹介。

七里信一の『絶滅危惧 職種図鑑』
信用が可視化される時代

【保険会社営業】


保険会社は、客から少しずつお金を集めることで保険制度を運営し、提供している会社です。

死亡保険、火災保険や自動車保険、がん保険などさまざまな保険があります。

万が一の事態に備えることで、安心感を与えています。

ただし、毎月保険料を払い続けなければならないため、保険は人生で家に次ぐほど高い買い物だと言われています。


なぜ今、【保険会社営業】が危ないのか?

危ない理由については以下より確認できます!

 
『絶滅危惧職種図鑑』とは
七里信一の初書籍。将来稼げなくなる職業を紹介。

七里の『良い広告で学ぼう』
コピーと写真の力強さ

「バンテリン」75点

松坂が活躍したら、
完璧な広告でしたね。

イメージキャラクターのイメージ、
キャッチコピー、写真と力強さ。

すごくいいと思います。
トレンドの人やものを活用すると、
人は自然と興味をそそられるものです。

芸能人の使い方としては 90点を上げたいです。
七里の『良い広告で学ぼう』
世の中の広告を100点満点で採点・解説。

あとがき

夫人主催のパーティにて
TPOという言葉を
意識する機会があると思います。

T… 時(time)
P…場所(place)
O…場合(occasion)なので

その場にふさわしい振る舞いをすることです。


パーティで言えば
ふさわしい服装を選ぶことが大事です。

初めてデヴィ夫人に出会った時は、
奮発して買ったいい服を着てたので、
なんとかなりました。

「この人は服装もしっかりしている人」
と思ってもらえたおかげで、
色々なパーティーに呼ばれるようになりました。


が・・・

昔の私は、いい服というのも
1着しか持っていませんでした。


ある時ついに、デヴィ夫人から
「あんた、いつも同じ服ね!」
と言われてしまいました。。


まずいなと思い、その後、
徐々に服装をそろえていったのですが、

とあるレストランで開催されたパーティーに参加した時
事件は起きたのです・・・。



パーティー会場は、
ロブションというフレンチの有名レストランでした。
恵比寿のガストロノミー ジョエル・ロブション
ロブションは高級店ですが、
カジュアルスマートなイメージがあったので、
そういう服装で行きました。

しかし。
会場についた時、少し様子が違いました。

「まずいかな・・・」と少し思ったのですが、
デヴィ夫人に会った瞬間

「あんたその服だめよ!」
「着替えてきなさい!」


と追い返されてしまったのです。


理由は、招待状にありました。

英語で書かれた招待状だったのですが、
よくよく見てみると

Dress Black tie.(ブラックタイで)
と書いてあったのです。


ブラックタイとは、黒ネクタイのこと

・・・ではありません。
タキシードのことです。

しかし、そんなことはもちろん、
『ドレスコード』という言葉すら
当時の私は知らなかったのです。


その後。

同じ失敗を繰り返さないために
パーティーに参加する際は、
徹底的に事前調査をするようになりました。

事前に秘書に電話して確認する。

実際にパーティー会場に行って
規模雰囲気を確認する。

そうした事前調査をしっかりしてから、
服装を選んでいます。


服って見る人が見れば分かるものなので、
意識するだけで、あなたに対する周りの見方も変わってきます。

 
沖縄の絹ママのイベント
次にデヴィ夫人と一緒にいてよかったことは
マナー言葉づかいを教えてもらったことです。

「あなたそのフォークの持ち方違うわよ」
「あなたその言葉づいかいダメ」


なにも知らなかった私に、
夫人が色々なことを教えてくれました。


ある時、
「夫人はどうして、私にマナーや服装を教えてくれるんだろう?」と疑問に思い、聞いてみたことがあります。

すると夫人の答えは

「あなたね、それはあなたが間違ってるから教えてるのよ」というものでした。


夫人からすると理由があるわけではなく、
間違ってるから注意しているだけ・・・

「さすが、世界の社交場を渡り歩かれる方は違う」と思いました。

そんな夫人と一緒にいたおかげで
私はすごく成長することができました。


大人になると
周りから注意されることも、
叱ってもらえる機会も減っていきます。


間違っていても気づけないことが多いですよね。

逆に、人に注意をすることも減っていきます。

たとえ間違っていても、
「嫌われるんじゃないか」とか
いろいろ考えて言わなかったりします。


ですが夫人は
間違っていることは間違っていると
しっかりと教えてくれてたのです。


もちろん私も
すぐ出来るようになったわけではなく
身につくまで1~3年くらいはかかったと思います。

ただ、夫人に出会い、
いろいろ教えてもらえたおかげで
今の私があるとすごく感謝しています。


追伸

デヴィ夫人から
指摘をたくさん受けた私ですが・・

最初から褒められたことが一つだけあります。

「あなた、姿勢がすごくいいわね!」
と、姿勢を褒めてもらえたのです。


元自衛官なので、
歩き方や姿勢をピシ!っとするのは
ずっと意識していました。

だから、自然と身に付いていたのだと思います。


姿勢がいいと、トクです。

背筋がしっかりしているだけで、
「誠実そう」とか「しっかりしてそう」と思われます。


ぜひ、背筋を張るというのを
意識してみてください。

猫背の人は、
『姿勢矯正ベルト』というのが
アマゾンとかで2,000円くらいで売っています。

こういうやつです。


ぜひ試してみて下さい^^

動画版

本日の内容について、動画でも話しました。

『動画でしか伝わらないリアリティ』や、
『文章では削除されてしまった部分』も、そのまま入っています。

ぜひ聴いてみてください!

 感想お待ちしています!

最新の記事