平日毎日斬新な情報お送りします!
開発者
七里信一
日刊ブログ

タバコを吸う人を信用しません。

2020/09/30

本日の動画 
結果の出せない貧乏人ばかり

今回は、
タバコを吸う人は信用できない
という話をします。

タバコは、


百害あって一利なしです!

もし、あなた自身がタバコを吸っていたり、
吸っている人が周りにいたとしたら、

今すぐにやめていただきたいと思います。

詳細は以下をチェックしてください。

こういう言い方をすると、
ちょっと大げさになるんですけど、


タバコを吸う人を私は信用しません。

基本的に今、私が付き合っている人で、
タバコを吸っている人は、はぼ皆無です。

このような言い方は良くありませんが、
タバコを吸っている人」っていうのは、
私のなかでは、貧乏人だと思っています。


もうね、

タバコは百害あって一利なし。です。

タバコは、時間と体力の単なる無駄です。

だから、あなたがタバコを吸っているとしたら、

1秒でもいいから早く
辞めていただきたいと思います。

タバコを辞めるための行動を出来ない人が、

将来、大きな結果を出して、
収入的にも安定して、
より良い人生を歩めるような方、
とは私は思えません。

タバコごときを辞められない人が、
ビジネスで成功することは、

だいぶ難しいんじゃないかな、と思います。


やっぱり、
結果を出す人は、
みんなタバコを辞めています。

なので、タバコを辞めるための行動を
意識してください。

タバコを辞める本など、
いろいろあると思いますが、

私は「タバコを絶対辞めれる本
っていうのを読んでみて、
なかなか面白いなあ、と思いました。

それを、ぜひ読んでみてください。

とりあえず私は、
タバコを吸う人とは、
基本的に時間を共有しません。


これは言い切ります。


逆に言うと、
もし私がタバコを吸ったとしたら、
いろんな人達に、会いに行けないです。

だから、タバコを吸うことは、
人生ですごくもったいないことだと思います。


要は、タバコを吸うことで、
時間も体力も、
そして
人脈も無駄にしている
ということを意識していただきたいです。


そして、タバコというものが、
どうしてこんなに流行っているのか
というと、
馬鹿な国の税金の徴収方法なんですよ。

昔は、発展途上国などで、
きちんとした税金を
とる形がなかったんです。

なので、タバコというものを、
きちんと国が管理することによって、

国民がぷかぷか吸ってくれたら、
税金が入る、という仕組みでした。

でも今、日本や先進国では、
おそらく40年前、50年前くらいから、
税金をきちんと徴収するルールが、
出来上がってきたので、

国民の健康を害してまで、
タバコで税金を徴収する、
という方法は必要なくなりました。

徐々に徐々に、タバコは消えて、
きちんとした税金の徴収方法
なったんですよ。

今の日本は、税金をきちんと取る形が
出来上がったので
タバコはこれからどんどん
衰退していくと思います。


こういう話をすると、
麻薬の話になってしまうのですが、

大麻、マリファナってあるじゃないですか。

日本では絶対ダメですが、
世界的にみると、
認可されている国もあります。

どうして日本ではダメなのかというと、
大麻のマリファナって、
簡単に地面に生えてしまうみたいなんです。

自分で栽培が出来てしまうので、
税金を徴収する方法にはならない。
だから、日本ではダメなんですよね。

逆に考えると、
麻薬にしても、何でもそうですけど、

きちんと国が管理をすることで、
税金が取れるもの
なら、

流行るかもしれないということです。


でも、何よりもそれ以前に、
冒頭でも話しましたが、
本当にタバコは、
百害あって一利なし

時間と体力と人脈を無駄にするものです。

なので、このメルマガを読んでいる
あなたや、周りの人で、
もし、タバコを吸っている人がいたとしたら、

ぜひ、この機会に、
タバコを辞めていただきたい
心から願います。

コメント大歓迎

最新の記事