ダサすぎる!港区女子の特徴と末路

テスト

本日のインプット動画

里です。

あなたは
「港区女子」をご存知ですか?

港区女子とは、
港区に家を構えている訳ではなく
お金持ちが多く集う東京都港区をベースに
華やかな日常を送る女性達のことです。


はっきりいいます、

港区女子は超ダサいです。

以前お話したように、
わたしはホストが大嫌いですが、
それと同じように港区女子も嫌いです。

今日は、港区女子の実態と合わせて、
わたしが港区女子を嫌いな理由
についてお話したいと思います。


まず、本題に入る前に
お伝えしたいことがあります。

わたしはビジネスに役立つ話や、
あなたの成長に貢献できるような
情報を発信しています。

そこで気づいた良い点・悪い点について
あなたなりに感じたことを
必ずコメントしていただきたいです。

インプットした情報は、
アウトプットをすることによって、
得た知識が経験となり結果に繋がります。

また、コメントを書くことを前提に
読んでいただくことによって、
情報収集の効率が上がります。

ぜひ、意識してみてください。

 

七里の厳選無料情報コーナー

七里おすすめレストラン 
面白い創作的な和食料理

傳(でん)

ジャンル:日本料理
予算:3万円
住所:東京都渋谷区神宮前2丁目3−18 建築家会館JIA館



『世界のベストレストラン50』にも選ばれている和食のお店です。

お客さんの大半が海外の方という、海外受けが良いこともあり、
面白い趣向を凝らした創作的な和食を、美味しいワインとともにいただけます。

リーズナブルなお値段で素晴らしいお料理が味わえるのも嬉しいところ。

最近は予約がかなり取れないのですが、食通を気取るなら一度は行っておくべきお店です。
『七里おすすめレストラン』
東京で一番遊びを知っている私が、至高のグルメをご紹介。

七里おすすめ名著 
誰でも1秒で思いつく12の法則

「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本

見積り書や企画書、報告書、メルマガなどをつくるときに一番のポイントとなる「タイトル」の書き方。

「受注が取れない」「企画が通らない」
「メルマガを読んでもらえない」「ブログの集客が伸びない」
......そんな悩みをもつすべての人にお勧めの一冊です!

著者:中山マコト
出版社:中経出版
『七里おすすめ名著』
ビジネスや人間関係、人生に役立つ名著を紹介。

七里の『絶滅危惧職種図鑑』 
働かなくても稼げる未来

ニート

ニートという言葉から、仕事をやる気のない怠け者というイメージを持つ人もいますが、実際そのような人はあまりいません。

病気や怪我、資格取得の勉強などでニートになっているケースが半分以上を占めてい
ます。

なぜ今後、【ニート】が絶滅するのか?

理由については以下より確認できます!

 

七里の『良い広告で学ぼう』
値段が手頃で写真も良い

「コラーゲンパック」 75点

写真がいいですね。
  
あと、値段がお手頃だと思います。
  
女性は、美に対して、信じられないお金を使います。価値感が男性とは違います。
  
たぶん、男性がキャバクラや風俗に行くのに、お金を使うのと、近い感覚なのかも知れません。
七里の『良い広告で学ぼう』
世の中の広告を100点満点で採点・解説。
わたしは基本的に
港区女子とは付き合わないので、
港区女子の知り合いがあまりいません。

しかし、過去に3人ほど
仲良くしていた人がいます。

彼女達を思い出すと
胸くそ悪くなるくらいいまだにムカつくので
港区女子は本当に嫌いです。

そんな彼女達の特徴は以下です。


1、感謝がない

港区女子は感謝の気持ちがありません。

こちらも見返りを求めて
何かをするわけではないですが、
正直、お礼の言葉くらいあっても
いいのではないかなと思います。

どうして感謝の気持ちが
ないのかというと・・・


自分の力と勘違いしているからです。

なかなか予約のとれないような
レストランをご馳走してもそれすら
自分の力という勘違いをしています。

しかも、してもらって当たり前という
スタンスなので感謝の気持ちが
まったくないようです。

港区女子はまあまあきれいですし、
時計やブランド物を身に着けて
魅力はあると思いますが、
それは一緒にいる男性の力です。

ご馳走してもらうことも、
何かを買ってもらうことも全部
男性の力で実現していることです


それを自分の力と勘違いしていて
感謝の気持ちが全然ないから、
腹立たしい気分になります。



2、踏み台としか思っていない

港区女子は男のことを
踏み台としか思っていません。


実際に、わたしが何人かで
食事をした時にとある港区女子が、
別の女の子に偉そうにこう言っていました。

「男なんてね、
 踏み台にするものなのよ~」


というように、調子にのって、
アドバイスをしていたので
本当に最悪だなと思いました。

「男を踏み台にする」ではなく、
互いに成長し合える関係を築いていくことが
重要だとわたしは思っています。

新しい時間や、新しい家庭、
新しい環境をつくって助け合っていくのが
人だと思いませんか?


男を育てようとするのではなく、
踏み台にするというのは、
どれだけ男から搾取できるかという
思考で生きているからだと思います


男のお金を巻き上げて、
しゃぶりつくそうという考えで
生きているなんて最低です。

例えば、銀座のホステスや
キャバ嬢という職業の人達は、
きちんと仕事として生業にしているので
港区女子とは違います。

生業にしているということは、
男性もわかっていて、
お金を払って遊んでいます。

ですからホステスやキャバ嬢の人達は
男を踏み台にしようとか
そういう気持ちはないと思います。


3、40歳になって何もなくなる

港区女子は40歳になったら
何もなくなります。


例えば、港区女子あるあるで、
ヨガ教室などちょっとしたことを
やっている設定になっていますが、
実際本人はお金を稼いでいません。

そして40歳になって、
どんどん美貌や体型が劣化していくことで
男性から相手にされなくなっていきます


相手にされなくなってからも、


「何でわたしを見てくれないのよ!」

と逆ギレするので、
ますます状況が悪化していくのが
よくあるパターンです。

自分の力で稼いで、
自分の力で生きてこなかった
しっぺ返しが必ずきます。

40歳になって、誰からも相手に
されなくなるなんて悲惨な人生です。


そうならないためにも、
女性は1人の男性を愛して、
その人に養ってもらうことが
大切だと思います。


愛すること=男を成長させる

そういう女性がいわゆる「いい女」
なのではないでしょうか。

その点、うちの奥さんは、
なかなかやり手だなと思いますね(笑)





前回のダサい男につづき
今日はダサい女「港区女子」について
書かせていただきました。

いかがだったでしょうか。

これを読んでくれた女性は、
こんなダサい女にはならないように
生きていってください。

また、男性はこのような女性に
お金も時間も使わないでください。

港区女子と一緒にいても
何のメリットもありません。


それでは最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

反論のコメントなど
ドシドシ受け付けていますので
ぜひコメントも残していってください。
〜バイオリン教室について〜


先日バイオリン教室の募集を募ったところ
沢山の方に手を上げていただきました。
ありがとうございました。
このご時世なので、バイオリン教室は
コロナが落ち着いてから開講しようと思います。
募集の際はお声かけしますので
今しばらくお待ちください!

 コメントは以下からどうぞ 

 
※すべてのコメントは、
 いつも楽しく見させていただいてます。
 ありがとうございます。
 ネガティブコメントも、すごく勉強になってます。
 返信はあまりしてませんが、
 どんどんコメントください。
 よろしくお願いします。