頭が固くなる条件は新しい情報を仕入れない時間に比例する

2020/02/25
七里です。

頭が固くなる条件は、新しい情報を仕入れない時期に比例します。

おじいちゃんなど年配の人に「頭が固い!」「頑固者!」っていますよね。

頑固者になると、時代の流れについていけなくなります。

くわしくはあとがきで・・・。

七里の厳選無料情報コーナー

七里おすすめレストラン
一本一本焼き上げるこだわりの味

やきとり 心香

ジャンル:焼鳥
予算:2万円
住所:東京都 港区 西麻布 1-4-4 1F



西麻布の住宅街にぽつんとある、焼き鳥のお店。                

大将自ら材料を仕入れ、心を込めて一本一本焼き上げるこだわりの味をいただけます。                

良い感じのワインも揃っていて、焼き鳥と合わせて楽しめます。                

大将が気さくな方で、しかもお値段がすごくリーズナブルなのが驚き。                

予約がかなり取りづらいのですが、ぜひ一度は訪れていただきたいお店です。              
『七里おすすめレストラン』
東京で一番遊びを知っている私が、至高のグルメをご紹介。

七里おすすめ名著
サイト制作の王道

これからはじめる SEO内部対策の教科書

Googleが被リンクの中身を問うようになったことで、効果が見られなくなった、外部対策。

質のいいサイト制作のため、内部施策に拘り、HTMLコードの見直しを徹底的に行う書籍。

著者:瀧内賢 
出版社:技術評論社
『七里おすすめ名著』
ビジネスや人間関係、人生に役立つ名著を紹介。

七里信一の『絶滅危惧 職種図鑑』
清算作業がなくなる

ショップ店員

ショップ店員の仕事は、商品の陳列、接客、レジ打ち、クレーム対応などの多岐にわたります。

その中でも、特にメインの仕事がレジ打ちは、正確さと速さが求められます。

また、接客もショップ店員の重要な仕事です。


なぜ今後、【ショップ店員】が絶滅するのか?

理由については以下より確認できます!

 

七里の『良い広告で学ぼう』
DRMの代表的な広告

「保険」…75点


DRM、ダイレクト・レスポンスの代表的な広告がアリコです。

「持病がある方のための保険」ダイレクトにお客さんを特定してます。

商品説明が簡単、保証が解りやすい。
電話をするだけの手軽さもいいですね。

テレビCMの方とか、すごく勉強になります。
 
七里の『良い広告で学ぼう』
世の中の広告を100点満点で採点・解説。

 PR 
号外広告募集!

あとがき

なんで頑固者になるかというと、それは新しい情報を仕入れなくなる時間軸によって決まってきます。

本を読む、人の話を聞く、旅行に行って新しい情報を仕入れる。

何か新しい情報に対して興味を持つ、わくわくするなどオープンな感情を持つことで人の頭は柔らかくなります。

要は、人からのアドバイスや新しい情報に対して柔軟に考えることができるのです。

でもこれが例えば、本も読まない、旅行も行かない、誰からの話も聞かないなど一人の世界に入るとします。

これが1年、2年、3年・・・5年・・・と続いてくると、人は新しい情報の刺激に対して敏感になってそれがつらくなります。

新しい情報に楽しい、わくわくではではなく、何か不快な気持ちになる脳みその構造になるのです。

そうするとこれが「拒絶」になります。

これが頑固になる理由です。

頑固者になってしまえば、時代の流れについていけなくなります。

例えば会社がつぶれて仕事ができなくなったり、給料がもらえなくなった時に頑固おやじが新しい環境になってもうまくいきません。

わくわくも何もしないからです。

なのでまずは、柔軟にいろんな情報をとりあえず取り込むんです。

取り込んでその状況の中、頭の中で自分の過去の情報と照らし合わせて「正しいか」「正しくないか」の結論を出します。

頑固おやじは、取り込む以前にすべてを拒絶することです。

こうなると、人は成長しません。

何かあったときに柔軟に対応することもできないので、より良い人生を過ごせるかといったら非常に疑問ですよね。

なので、常に本を読んだり、人の話を聞いたり、まずはいろんな情報を受け入れる。

そしてそれに対して、わくわくする感性を持っていると、より良い人生を歩むことができるんじゃないかなと思います。

 
 
追伸

コメントお待ちしています!

すべて読んでいます。

動画版

本日の内容について、動画でも話しました。

これから着物姿で解説していきます。

ぜひ聴いてみてください!

 感想お待ちしています!

最新の記事